▲Page Top

EASTONE

EASTONE

イーストンのサウンドスクリーンは、幕面の表にも裏にもこだわりがあります。

E8Kシリーズ幕面(表)
E8Kシリーズ幕面(表)
スクリーン面【スーパー・AV・ニティング】 ● 繊維に高密度な「くの字型」に編み上げた独自の構造を採用

● 高精細な画質を犠牲にせず、40kHz付近の超高音域でも、優れた音響透過特性を発揮

● 拡散性に優れ、フラットな光学特性

● 隅々まで均一に明るく、ソース映像のコントラスト感を忠実に再現

E8Kシリーズ幕面(裏)
E8Kシリーズ幕面(裏)
裏面【ステンレス・スパッタリング】 ● 幕面(繊維)の裏側に、ナノレベルの密度で金属被膜を形成

● スクリーン幕面から後方へ漏れる不要な光の回帰を高度に遮断

● 優れた耐久性をもつ薄くしなやかで強靭なステンレス被膜

● 静電気を防ぎ、塵や埃を寄せ付けにくい

ブラケットと本体の取り付け

ブラケットの特徴 イーストン製スクリーン全機種には、本体を壁面や天井面に固定するための専用器具「ブラケット」が標準で二個付属しています。
スクリーンの全長内で任意の間隔に取り付ける事が出来るため、設置の自由度が高く、取り付け方も簡単です。 ブラケットの特徴

ブラケットの取り付け ※付属のネジは木ネジです。木以外にお取り付けの場合は当社営業までご相談ください。 B本体端間隔が均等になるように調整し、Aブラケット間隔を広めに確保してください。 取り付け位置によって、補強や取り付けバランス確保のため、本体加重を分散させる必要がある場合には、別売りの「追加ブラケット」をご利用ください。

ブラケットと本体の固定 ①ブラケット上部のツメが本体ケース上部にある溝に確実に入るよ
 うにはめ込む。
②拡大図A、Bのように、本体ケースにブラケットのツメ部分がはま
 ったら、本体を支えながら、ブラケットの下部のネジを締め付け、
 ブラケットと本体ケースを固定する。 取り付けは水平、または平坦な場所にしてください。
・取り付けはできるだけ水平に取り付けてください。(巻きずれ防止のた
 め)
・取り付ける場所がゆがんでいると、取り付けられない場合があります。
 特に天井の凸等にご注意ください。凸が大きく取り付けが困難な場合
 は、5〜10mm×20mm×57mmの敷き板をご用意ください。

イーストン電動式リモコン(RC-K492E)各部の名称/特徴 ■特徴
①マイコン制御よりお客様がリモコン側より任意の位置にセット可
 能です。
②MIDスイッチ(フルハイビジョン用スクリーン16:9)LOWスイ
 ッチ(ビデオ用スクリーン4:3)が一個のスイッチで設定可能です。
 注)赤外線リモコンの到着距離は約10m程度です。

【エコ認定】 E8K-KE・E8K-KPシリーズ

eco スクリーンの常識を変えてきたイーストーンは、環境性能にも着目。 先進的な取り組みにより、スクリーン製品としては日本で初めて、財団法人日本環境協会の「エコ認定」を正式に受けました。 ダイオキシンの発生源として問題視されている塩ビ系素材からの脱却はもちろん、さらに一歩進め、リサイクル原料を積極的に利用しています。 THX認定の音響透過型である「E8K」は、画質に一切の妥協する事無く、幕面を形成する繊維に、80%もの再生PET繊維を使用。 「性能だけではなく、環境への配慮も大切にしたい」。モノ作りを大切にするイーストンのこだわりです。

EASTONE×KIKUCHI シリーズ